駐車場契約の流れ

駐車場も他の土地と同じく所有、管理をしている人間や業者が存在するため借りるためにはその管理している人達と契約をしなければいけません。

契約の流れとしては最初にその管理をしている人達のところに連絡を入れます。
不動産業者が管理をしているのであれば該当する業者に、土地の所有者が管理をしているのであればその所有者に連絡をします。

連絡をせずに直接訪問してもいいのですが、突然だと相手側としても準備ができておらず満足の行く話し合いをすることができなくなってしまう可能性が高いです。

ネットでの契約をする場合にはメール等を用いて連絡することになります。

訪問すれば契約までの手続きを行うことになり、管理している側にもよりますが契約する人間が相応しいかどうかの確認を行うことがあります。

その後は駐車場についての情報と契約書が提示され、契約書にサインをすれば契約成立となります。
その後は初期費用を支払うことになり、支払った後に利用する人間として鍵を始めとした必要なものを受け取ればそれで完了です。

しかし管理者の違いもあり、この流れも管理する人間によって変わってくる場合があります。
そのため契約する場合は相手の指示通りに行動していきましょう。

この駐車場契約をするのであれば注意点が幾つか存在し、それらを理解して契約をしようとしなければ思わぬトラブルに巻き込まれて自分が損をしてしまう可能性が高くなります。

では実際に駐車場契約をする際に気をつけなければならない注意点として何があるのでしょうか。